コンテンツにスキップする

必要なこと

STEP1

インドネシア滞在可能なビザを取得する

インドネシアの場合、観光目的で、30日以内の滞在であれば到着ビザ(アライバルビザ)は必要ありません。30日以上の滞在を希望する方や、30日以内でも商用での滞在の場合は、到着ビザを取得する必要があります。
インドネシアに滞在するためのビザとしては、その他にソシアルブダヤビザ、就労ビザ、リタイヤメントビザ、配偶者ビザ、留学ビザ、ビジネスビザなどがあります。それぞれの最新の情報は、在日インドネシア大使館でチェックしましょう。

インドネシアに滞在するためのビザとしては、その他にソシアルブダヤビザ、就労ビザ、リタイヤメントビザ、配偶者ビザ、留学ビザ、ビジネスビザなどがあります。それぞれの最新の情報は、在日インドネシア大使館でチェックしましょう。

About me

STEP2

About me

住宅

インドネシアでは一軒家、家具付きのアパートメント、ローカルの人々が借りるコスなど様々なタイプの住宅があります。
探し方としては自分で家を探して大家さんに直接交渉する、友人や知り合いの紹介で探す、不動産屋などのエージェントを通すなどの方法があります。
初めてインドネシアで物件を探す方は、友人や知り合いの紹介か、不動産屋などのエージェントを通す方法が良いでしょう。

STEP3

About me

インドネシアで住民登録をする

住む場所が決まったら、できるだけ早く居住地を管轄する警察署へSTMの届け出を行いましょう。契約したその日のうちに行うことが好ましいです。
また、1年以上有効なビザを取得した場合は、KITASという暫時居住許可証を申請する必要があります。これは現地で生活するために必要ですので、忘れず申請しましょう。

STEP4

インドネシアで銀行口座を開設する

インドネシアの大手銀行は Bank Mandiri(マンデリ銀行)、 Bank Central Asia(セントラルアジア銀行)、Bank Negara Indonesia(ネガラ銀行)、 Bank Rakyat Indonesia(ラカット銀行)の4つです。

インドネシアで銀行口座を開設する場合、ビザを取得していることが条件となります。ビザ、パスポート、学生の場合は学校の在籍証明書などを持って銀行へ行けば、30分程度で口座が開設できます。
もしインドネシア語に自信がない場合は、誰か通訳をしてくれる人を連れていくほうがスムーズでしょう。

ステップ5

インドネシアで健康保険に加入する

インドネシアには日本の国民保険に相当する健康保険制度があり、インドネシア共和国のKITAS(暫時居住許可証)を持っていれば、外国人でも健康保険(BPJS)に加入することができます。
また、インドネシアで6ヶ月以上働く外国人労働者の場合は、BPJSへの加入が義務付けられています。会社側だけでなく自分自身でも保険料を一部負担することになり、保険料は毎月のお給料から天引きされます。
会社勤めではないけれどKITASを持っている場合は、パスポートとKITASを持ってBPJSの事務所へ行けば、加入することができます。
BPJSは公立病院や保険センター、私立病院に自己負担金なしでかかることができます。日本で海外旅行保険に加入するよりも、BPJSに加入した方が金銭的なメリットがあると言えるでしょう。

About me
ファイルがありません